AGAの原因は男性ホルモンが関係している

薄毛の悩みを抱えている方は多いかと思いますが、改善を図る場合、どういった原因であるのかを把握する必要があります。
生活習慣に気を配り、髪の毛のケアもおこなっているのに薄毛であるという方は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の疑いがあります。
AGAは男性ホルモンが関係しており、主に遺伝によるものと考えられています。ですので、身内も似たように薄毛である方が多いなんて場合は、さらにAGAである可能性が高いです。

AGAによる薄毛というのは、自分でおこなえるような、生活習慣の改善や髪のケアはあまり効果的とは言えません。症状の改善には専門的な治療を必要としますので、AGAの可能性があるという方は、まずは医者に相談にいき、AGAであるのかどうか、そしてAGAであった場合は、医者の指示の下に、適切な治療をおこなうようにしましょう。

ちなみに、AGAは「男性型脱毛症」のことですが、女性で同じ症状の場合は、AGAではなくFAGA=「女性男性型脱毛症」と呼ばれます。

AGAに効果のある治療薬について

何か悩んでいると、口の悪い友人などから、「あんまり悩み過ぎるとハゲるぞ!」なんて言われることがあります。
このように一般的にストレスはハゲに悪いと言われています。
これは都市伝説ではなく、ある程度、事実とも言えます。
一般的にAGAに限らず、ストレスはいろんな病気を引き起こす元凶とされています。

だから、ストレスを軽減させることは良いことです。
ですが、それだけでAGAを劇的に治すことは難しいでしょう。

もし、本気でAGAを改善したいと思っているなら、最も確実な方法は薬による治療法です。
何といっても薬が最も効果的なのです。
長年の研究から効果のある治療薬も出てきています。
例えば、AGAの治療薬には血行を促進させることを狙ったミノキシジルという薬があり、注目を集めています。
また、ハゲをもたらす男性ホルモンに対して効果的に働きかける薬として、プロペシアという薬があります。
これらの薬を中心にして、現在、多くの患者の症状が改善しているのは間違いありません。